コラム

格闘技の精神と技術を磨く|名空会 研修センター支部
格闘技の精神と技術を磨く|名空会 研修センター支部
名空会 研修センター支部は、格闘技である空手の指導を通じて、子供から大人まで幅広い年齢層の方々に健やかな身体と心を育む場所です。空手は、単なる格闘技だけでなく、精神面でも鍛えることができる武道です。当センターは、伝統的な技術や精神を受け継ぎながら、生徒一人ひとりが自己成長を遂げられるようサポートします。 子供たちにとって、空手は身体を鍛えるだけでなく、集中力や忍耐力、礼儀などの精神面も養う重要な習い事です。名空会 研修センター支部では、安全かつ楽しく指導を行い、子供たちが自信を持ち、思いやりのある人間として成長できるよう支援しています。また、大人の方々も、ストレス発散や健康維持のために空手を学ぶことができます。 空手は、相手との競技だけでなく、自己を律し、向上心を持つための修行でもあります。名空会 研修センター支部では、技術の向上だけでなく、精神的な成長も大切にし、生徒たちが健康で自立した人間として成長できるよう指導しています。   興味をお持ちの方は、ぜひ一度見学にいらしてください。私たちの指導法や雰囲気をご体験いただけます。体験のお申し込みやお問い合わせもお気軽にどうぞ。   お問い合わせはこちら
世界の武術の種類について
世界の武術の種類について
名空会(研修センター支部)は、空手教室を運営しております。本記事をご覧の皆さんは、武術というとどのようなものをイメージされますでしょうか。武術のことを広くとらえて、世界にはどのような武術があるのかということを想像してみると面白いものです。そこで今回は、世界の武術の種類についてお伝えします。 日本の武術としては、空手、柔術、柔道、合気道、躰道、日本憲法、少林寺拳法、護身術などがあります。また、中国の武術としては、少林拳、蟷螂拳、太極拳、八極拳、形意拳などがあります。日本と中国以外のアジアの武術としては、ムエタイ、カラリパヤット、シラット、エスクリマなどがあります。ヨーロッパの武術としては、サンボ、システマ、ボクシング、クラブマガ、サバットなどがあります。北米の武術としては、ジークンドー、カプ・クイアルアなどがあります。 名空会(研修センター支部)は、名古屋市北区、西区の空手教室です。名空会 研修センター支部では、現役保育士の先生が教えている道場だから、習い事が初めての子供でも安心して空手を始めることができます。「習い事なににしよ~」と考えているそこのお母様・お父様、礼儀や挨拶が身につく格闘技を習わせてみませんか? お問い合わせはこちらから
子供の習い事を選ぶ際に行うべき行動
子供の習い事を選ぶ際に行うべき行動
名空会(研修センター支部)は、空手教室を運営しております。皆さんの中には、これからお子様のために何か習い事を習わせてあげたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、習い事を選ぶ時にはどのようなことを考えればよいのでしょうか。そこで今回は、お子様の習い事を選ぶ時に行うべき行動について、少しお話をさせて頂きたいと思います。 まず第一に、気になる習い事の教室があれば、一度参考までに見学や体験をしてみるということが重要です。習い事というのはお子様のためになるものですが、その一方で習い事にかかる費用があまりにも高いとご家計を圧迫してしまうことになりますので、料金はしっかりとご確認ください。そして、可能であれば子供だけが楽しむのではなくて、親も子供と一緒に楽しむことができると長続きできます。 名空会(研修センター支部)は、名古屋市北区、西区の空手教室です。名空会 研修センター支部では、現役保育士の先生が教えている道場だから、習い事が初めての子供でも安心して空手を始めることができます。「習い事なににしよ~」と考えているそこのお母様・お父様、礼儀や挨拶が身につく格闘技を習わせてみませんか? お問い合わせはこちらから
子供の習い事を選ぶ注意点
子供の習い事を選ぶ注意点
名空会(研修センター支部)は、空手教室を開催しております。皆さんの中には、これからお子様に何か習い事を習わせてあげたいということで検討をされている方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、習い事をするにも多くの選択肢がありますので、どのようなことに気を付けて選んでいけばよいのでしょうか。 まず第一に、漠然と習い事を選ぶというよりもお子様のことをよく観察して頂いたうえで、趣味や嗜好を探っていただくのが良いでしょう。また、親の願望だけでこうしてやりたいという思いで決めてしまうとあまりよろしくありません。もしも複数の習い事を習う場合には、バランスを考えるようにしてください。そして、複数の習い事を習う場合には、同時期に決めてしまうのではなく、慣れていくにつれて少しずつ増やすようにしてみてください。 名空会(研修センター支部)は、名古屋市北区、西区の空手教室です。名空会 研修センター支部では、現役保育士の先生が教えている道場だから、習い事が初めての子供でも安心して空手を始めることができます。「習い事なににしよ~」と考えているそこのお母様・お父様、礼儀や挨拶が身につく格闘技を習わせてみませんか? お問い合わせはこちらから
勝ち負けよりも「テーマがクリア」できたかどうか
勝ち負けよりも「テーマがクリア」できたかどうか
こんにちは!愛知県名古屋市にある「名空会 研修センター支部」です。HPをご覧くださり、ありがとうございます。 文武両道の空手道を実践し、青少年の健全育成を目指し愛知県・岐阜県・三重県・石川県・福井県の五県にまたがって活動しております。 当教室の研修センター支部では、下は3歳から上は社会人まで、多くの方に通っていただいております。大会に出て、誰もが勝てるわけではありません。勝ちもあれば、負けもある。運もあるし、その日の体調もあります。そこで、勝ち負けだけが唯一のモノサシにならないように選手自身のテーマを持って練習し、試合に臨むことはモチベーションの維持向上につながります。「不得意なハイキックを試合で出す」「攻め込まれても後ろに下がらない」「最後まで試合をあきらめない」など、自分に必要なテーマを設定してクリアできたかどうか。それを評価することは重要です。自分からチャンスを見つけ出しあるいは作り出し、新しいアイディアとを試行錯誤しながらどんどんチャレンジしていくことで、改めて面白さも感じられるでしょう。ミスをしてポイントを取られたけれどそのあと積極的に攻めた姿勢は評価できる。ハイキックはとられたけれどすぐ後ろ回し蹴りにつないだところがよかった。などチャレンジした部分をしっかりと振り返ってみましょう。きっと次のチャレンジのテーマが見つかるはずです。当会では、体験練習・見学を随時受け付けております!お問い合わせはこちらから
目先の結果よりも大切にしたいのは「長期の目標」
目先の結果よりも大切にしたいのは「長期の目標」
こんにちは!愛知県名古屋市にある「名空会 研修センター支部」です。HPをご覧くださり、ありがとうございます。 文武両道の空手道を実践し、青少年の健全育成を目指し愛知県・岐阜県・三重県・石川県・福井県の五県という幅広い地域で活動しております。 当教室の研修センター支部では、下は3歳から上は社会人まで、多くの方に通っていただいております。「世界チャンピオンになって世界中を回り、空手のすばらしさと平和に貢献したい」「オリンピックに出場したい」「憧れの〇〇選手と同じ舞台に立って優勝したい」「大会で記録を打ち立てたい」などなど、毎日の練習に取り組むうちにいろいろな夢や目標を持つようになる人も少なくありません。輝かしい記録を打ち出している選手というのは、夢を夢として終わらせずにそうなるためには何が必要かを逆算し目標を設定しています。ひとつひとつのステップをクリアする過程で修正やモデルチェンジを繰り返しながら実現させています。ただし「結果に向かって最善を尽くすこと」と「結果がすべて」というのは、その意味合いは少し異なります。勝った自分だけしか認めないのではなく勝ちからも何かを学び、負けからも何かを学ぶ。そんな気持ちで取り組んで、自分の現在のリアルな姿と向き合うこと。それが最も大切なことだと考えています。当会では、随時体験練習・見学を受け付けています。お問い合わせはこちらから
「苦しく」よりも「楽しく」同じ目標も自分で選んだ努力で成長を
「苦しく」よりも「楽しく」同じ目標も自分で選んだ努力で成長を
こんにちは!愛知県名古屋市にある「名空会 研修センター支部」です。HPをご覧くださり、ありがとうございます。 文武両道の空手道を実践し、青少年の健全育成を目指し愛知県・岐阜県・三重県・石川県・福井県の五県にまたがって、幅広く活動しております。 当教室の研修センター支部では、下は3歳から、上は社会人まで。実に幅広い年齢層から、多くの方に通っていただいております。格闘技やぶどうの練習、特に勝つための練習というのは基本的に苦しくつらいものです。ジュニアとはいえ、蹴りあい、投げ合い、極めあう競技です。試合で相当な実力差があれば別ですが、実力が近い相手とはスタミナ面においても、痛みに耐える面においても我慢比べに突入することも少なくありません。それに耐えるだけの実力と精神力を養うことは大切ですが人は、だれしも辛いだけ、苦しいだけではつぶれてしまいます。同じ練習でも、いかに楽しく取り組むかどうか。ここがジュニア選手が伸びていくポイントだと考えています。大切なのは「自ら選んだ」感覚を大切にすることです。強制されたメニューばかりではなく、何をやるか、どんな形でやるか本数、ラウンド数など、なるべく自分で決めることで自分なりの感覚を、自分自身で自己評価できるようになるからです。「強制」よりも「自発」のほうが圧倒的に成長します。空手を楽しむ、練習を楽しむ、試合を楽しむ。勝ち負けも含めて楽しむ、強くなる過程を楽しむ。という楽しむマインドが、将来大きな花として結実するでしょう。体験・見学は随時受付しております!当会へのお問い合わせはこちらから
武術は、子どもの成長に良い?
武術は、子どもの成長に良い?
武術や武道を子どもが学ぶことは、さまざまなメリットがあります。 そのメリットを最大限とするためには、適切な指導のもとで学び、子どもの発達段階や性格に合った方法で取り組むことが重要です。 武術の練習は体力や運動能力を向上させる効果があります。柔軟性、筋力、バランスなどの身体的な側面を発展させることで、子どもの健康促進に役立ちます。 武術の練習には継続的な努力と忍耐が必要です。困難な課題に取り組むことで、子どもは自己克服の経験を積むことができます。技術の向上や段位の上昇を通じて、子どもの自己信頼心や自己肯定感が高まることもあります。 また、武術の練習は集中力が必要とするため、自然な形で注意力や集中力を向上させることができます。 武術は、他の仲間と共に技術を学び合う機会が多くあることから、仲間と連携を取り、協力心や協調性を養うことができます。 大きなメリットを得るためには、安心して学ぶことのできる指導者を選ぶことや、楽しみながら取り組むことができる環境であることがとても重要です。 良い環境、指導者のもとで武術を学ぶことは、子どもの成長にプラスの影響を与えることがありますが、子どもの性格や好みに合わせて選ぶことが大切です。 お問合せはこちらから
格闘技を習い事にするのは女の子でもよい?
格闘技を習い事にするのは女の子でもよい?
格闘技を習い事にするのは女の子でももちろんおすすめです。 近年では、性別に関係なく格闘技を楽しむ女の子が増えており、さまざまな格闘技を習っています。 格闘技は体力や自己防衛技術の向上だけでなく、健康促進などの面でも魅力的なものとなっています。 女の子が格闘技を習うメリットは、自己防衛技術を習得することができたり、体力や健康を高めること、ストレス解消に繋がること、仲間を作ることができることなどがあります。 格闘技を学ぶことで、自己防衛の技術や知識を身につけることができます。身の安全を守るためのスキルを持つことはとても重要で大きなメリットとなります。  格闘技は体力や筋力を高める効果があり、健康状態を高めることができたり、ストレス解消やリラクゼーションの効果をもたらすことがあります。 また、同じ道場で仲間と出会うことができ、友情や仲間関係を築くことができます。 多くのメリットがある格闘技ですが、格闘技を習う際は、適切な指導者やトレーナーのもとで安全な環境で練習することが大切です。 無理なトレーニングを避けることも重要で、自分に合ったスタイルを見つけましょう。 女の子でも格闘技を習うことは十分に可能で、多くのメリットがありますので、興味や目標に合わせて適切な種類の格闘技を選び、楽しみながら成長することをおすすめします。 お問合せはこちらから
空手を習い事に選ぶメリット
空手を習い事に選ぶメリット
空手を習い事に選ぶとさまざまなメリットがあります。 空手は、体力や筋力、柔軟性を向上させるトレーニングが含まれており、正しいフォームで行う技の練習やエクササイズにより、全身のバランスを整えることが可能となります。 空手には自己防衛技術が含まれており、危険な状況で自分を守るための技術や知識を身につけることができます。 また、継続的なトレーニングを通じて集中力や忍耐力を高めることができたり、 技術の向上や段位の上昇を通じて、自己信頼心や自己肯定感を高めることができます。空手は努力したことが直結するため、練習の継続や目標の達成を通じて自己管理の能力が向上します。 空手はグループで行うことが多く、他の仲間と共に技術を学び合う機会があります。仲間と連携を取り、協力心や協調性を養うことができたり、空手教室や道場で出会った仲間と共に成長する機会があり、友情や仲間関係を築くことができるでしょう。 そんな空手は、日本の伝統的な武道の一つであり、その背後には深い文化や歴史があります。空手を学ぶことで、日本の文化や価値観に触れる機会を得ることができます。 このように、多くのメリットがある空手は、楽しさや挑戦を通じて成長できる機会を得ることができるので習い事としておすすめです。 お問合せはこちらから

Copyright © 2024 名空会 研修センター支部 All rights reserved.